ミニ米粉パンと米粉シナモンパン

ミニ米粉パン
IMG_20160908_113017.jpg

ミニ米粉パン焼きました。
IMG_20160910_081632.jpg

IMG_20160910_082104.jpg


子供達のお昼ご飯にもピッタリのサイズ。
でもやっぱり皮が厚い気がします。焼き方をもっと頑張りたいです。
IMG_20160911_132647.jpg

豆乳マーガリン&ハチミツ、ツナ&マヨネーズが人気で自分たちでサンドしてモリモリ食べていました。
でも一番人気はバナナ!!

どうして子供ってこんなにバナナが好きなんだろう!?

「バナナバナナ・・・」とずっと言っていました。
ひと段落してからやっとパンに手が伸びる・・・。


それから米粉シナモンパンを焼きました。
IMG_20160910_082905.jpg

IMG_20160910_083323.jpg

これは自分用。
美味しかったです。



米粉パン。ずっと作ってきましたが、こんなんじゃやっぱりいけなかった。
分かっていたけど私のパンなんて全然ダメだ。
そう思うことがありました。

でも、そのおかげで自分でもどうなのかな?と疑問に思ったりふわふわしていた部分が、やっと少し分かった気がしました。
ほんの少しかもしれませんが、ずっと行き詰まっていた私には新しい道が開けたような気がしています。
問題点が目標がわかったから、具体的な努力もできるような気がします。

とにかく美味しいものを安定して作れるように頑張りたいです。


うちの子供達は米粉パンが大好きで、普通のパンを食べられないことを気にしていない今の状態。
これをとてもありがたく思います。

今まではそうではなくて、パン屋さんに行けなかったり、テレビで食べている人を見て「いいな」と言っていたり、小麦の主食が食べられないのでお米食ばかりになっていたり。
米粉パンを頑張って作っても、パンと言えるようなものではなく、米!餅!となってしまって美味しくなく、子供もあまり食べなかったり。
長女が生まれてから4年間、本当にパンでは苦労しました。

パンを食べさせてあげたい。
餅のようなものじゃなく、サクサクのふんわりしたパン。
サンドイッチやトーストの離乳食に憧れ、パンを手づかみで食べている子供を羨ましく思い、一緒にパンの朝食を食べれる日が来るのかな・・・と途方もない思いに暮れていた毎日。

大げさですが、当時の私には乳、卵、大豆、ピーナッツに加え、小麦の選択肢のない食事作りは毎日とても悩むものでした。
それはレシピのことだけでなく、これからの生活のこと、この子の食生活のこと、食事のバリエーションと食を楽しむということ、いろんな面において劣等感のようなものを感じていたんだと思います。

それは今も変わらずにありますが、パンを作るようになってからは少し減ってきたように思います。
主食のバリエーションが増えたからかもしれません。

米粉パンを焼くようになってから、食卓にパン食の日が増えました。
子供も喜ぶようになり、たくさん食べるようになりました。
そしてその笑顔が私のやる気につながって、子供たちの「美味しいね」が聞きたくて毎日米粉パンを焼いています。

とにかく少しずつでも美味しく作れるようになりたいです。
そして、ほんの少しでも同じように悩んで苦しんでいる人の力になれる日が来れば・・・
そう思っています。

とにかく美味しいパンが作れるようになることだなと思っているこの頃です。



それから先日、次女と一緒にNHKに遊びに行きました。

放送体験コーナーでもらったガラピコプーのシール。
家に帰るなり大喜びで遊んでいると思いきや
「ママ見て〜」と言われて見てみるとこうなっていました。
IMG_20160909_113230.jpg

もったいない!!

シールをガンガン使うタイプのうちの子どもたち。
私が小さい頃は何となくもったいなくて使えないうちに、流行が過ぎていく・・・というような感じの子供でしたが、この子たちはガンガン使います。
しかも使い捨てな感じで!

こっちの方がドキドキしてしまいます・・・。


乳、卵、小麦なし桃のムースはこちらから
米粉パンはこちらから

この記事へのコメント