アレルギーっ子原因不明の蕁麻疹と子供の骨折

アレルギーっ子の悩みの一つ、蕁麻疹。

先日、長女に原因不明の蕁麻疹が出て、とても焦りました。

その日は、小麦も食べさせておらず、大豆製品も、周りで私たちも怪しいようなものは何も食べていませんでした。
うっかり何かを触った・・・というようなこともなく、ただ急にトイレに行っていた長女が「かゆい!かゆい!体がかゆいんだよ〜!!」と叫び始めました。


見に行ってみると全身に蕁麻疹が広がっており、突然のことで私もパニックに。

休日で夫もいたのですが、それでも急なことでパニックになり、何とかアタラックスPを飲ませて福岡病院に電話をしました。


蕁麻疹の出方からして、セレスタミンを飲ませた方がいいのかと思いましたが、セレスタミンを以前飲ませた後に40度くらいの高熱が出て大変だったことがふと頭をよぎってしまい、アタPで治らないか・・・と思ってしまったのでした。


脇の下、腹部、写真には写っていませんが、右瞼、膝裏、足首、手首、股関節辺りにこんな感じで大きく蕁麻疹が出ました。
IMG_20161106_141522.jpg
IMG_20161106_141532.jpg


怖かったのが、長女が「眠い、眠くてたまらない」と言い出したこと。


意識低下だったらどうしよう!!と思い、「寝ちゃいけない!!起きて!!」と言っていましたが、これは結局アタPの副作用だったようでした。

結局セレスタミンを飲ませ、1時間くらいしてもあまり引かず、左まぶたに広がっていったような気がしたので病院を受診しました。

結局、何事もなく済んだのですが、長女は行きの車で眠ったきり、受診の間も帰宅の車内もずっと眠っていました。


先生の診断では「原因不明の蕁麻疹」ということでした。


もし、食物アレルギーによる蕁麻疹の場合、ここまで出るには結構な量を摂取しているはずで、思いあたることがないということ。
季節の変わり目で出やすい時期であるということ。
これ以前に喘息や口内炎など、体調が思わしくなかったこと。

などからの判断でした。


そして、セレスタミンを飲ませたら高熱が出たことがあって躊躇ってしまったことを伝えると、

セレスタミンを飲んだから高熱が出たわけじゃなく
高熱が出るような体調不良の前兆として蕁麻疹が出たんだと思う


ということでした。

これには目から鱗!!

なるほど!ととても納得しました。



これまでも色んなことを、「起きる前にしていたこと→起きたこと」として原因と結果を捉えていましたが、そうではなく、逆の方向があるということはまだまだ経験不足な私には新しい発見でした。


食物アレルギーがあるから、アレルギーが起こりやすいのではない
アレルギー体質だから食物アレルギーがある


ということも目から鱗!!

そうか!といろんなことがストンと自分の中で落ち着いた感じでした。

今更・・・なことなのでしょうが、今まで気づいていなかったのです。


ああ、この子はアレルギー体質なんだ、体調が悪い時には蕁麻疹が出やすいんだ、この後高熱に繋がるかもしれない、そう思うと色んな対策もできますし、心の準備もできます。

結果的に、アタPをセレスタミンを併用したことは、今回の長女の事例に関しては良かったんだそうで安心しました。

抗アレルギー剤をしばらく服用することになりそうです。


そして、次女が自宅の駐車場で踝をぶつけて骨折したかもしれません。

異常な大泣きと、歩けないこと、急遽整形外科に行き色々と検査をしましたが、結果的には2週間後くらいでないとこの位の子供の骨折の判断はつきにくいということでした。


はいはいをしても足が当たっていたがり、全く歩けない次女。

痛そうで、もどかしそうで、心配で・・・
そしてこの後二日後には二人のとても楽しみにしていたディズニー旅行。

なんとか元気になってほしいものです。


そんな子供達が作った乳、卵、小麦なしのココナッツミルクスイートポテト

IMG_20161105_154445.jpg

意外と上手に形にできていました。
ほんのり焦げているのが美味しかったです!


*ディズニーランドにアレルギーっ子と行こう!
*米粉パンを作っています

この記事へのコメント